バレエ講師

横山 翼 Yokoyama Tsubasa


北海道出身

1996年 真下教子バレエ研究所にてバレエを始める。

     真下教子、百百子、に師事。

2002年 久光孝生、尾本安代、ヨーランドストラウドに師事。

2010年 北海道コンクールシニアの部、銀賞 受賞。

その後新国立劇場バレエ研修所に入所。

クラシックバレエの他にキャラクターダンス、宮廷舞踊、フラメン等を学ぶ。

2012年 新国立劇場バレエ団 契約ダンサー

   「パゴダの王子」妖怪や「眠れる森の美女」ワルツなどに出演。

    子供バレエ「白雪姫」7人の小人・ボケーノ役など新国立劇場での主な公演に出演。

 

2014年 フリーランスとして活動。 UNIT KIMIHO公演vol.4『Le Sacre du Printemps』(春の祭典)にカンパニーメンバーとして参加。

 

2015年 4月芦屋大学に入学。

2016年 関西学生舞踊連盟に芦屋大学代表、振付家として参加

2016年 国際資格であるISTD(Impreial Society of Teachers of Dancing)チェケッティバレエのImtermediateをdistinctionで合格。

2017年 国際資格であるISTD(Impreial Society of Teachers of Dancing)チェケッティバレエのAdvanced1をdistinctionで合格。

    芦屋大学バレエティーチングディプロマを取得。

 

2018年 自身の卒業公演で創作作品『Gift~君からの贈り物~』を発表。

芦屋大学卒業公演の第1回~第4回まで全てのプリンシパルパートを務める。

※現在、関西を中心に活動中。


スタジオマーテイ大阪本町